エレメント 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

エレメント 買取 相場

エレメントの買取価格をエレメントの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【エレメントの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

本田技研工業が生産・販売していたエレメント(Element)は、クロスオーバーSUVである。 車名エレメントは、英語で成分、要素を意味することから来ている。エレメントは、16歳から24歳あたりの若者向けの車として企画され、地上高が高く、かつ室内スペースも広くとったSUVとミニバンの折衷のようなクロスオーバービークルである。エレメントは、本田技研工業のアメリカ合衆国現地法人であるHonda R&D Americas, Inc.(所在地:カリフォルニア州)でデザインされ、Honda of America Mfg. Inc. のイーストリバティ工場(所在地:オハイオ州)で生産されていた。アメリカでは2002年12月販売が開始され、個性的なコンセプトやポップなデザインと使い勝手の良さが評価された。日本仕様としては、2003年4月に初代UA-YH2型が輸入・販売された。2005年6月サイドシルガーニッシュとカウルトップの形状の変更、エキゾーストパイプフィニッシャーを追加することにより外観を一部変更、運転席シートベルト締め忘れ警告ブザーなどが採用され、形式もCBA-YH2に変更された。日本では観音開きドアや安っぽく見えるデザインがあまり支持されず、2005年7月に輸入が終了した。北米仕様も、2010年12月ホンダのアメリカ法人が「2011年モデルをもって、エレメントの生産を終了する」と発表した。

【運営者情報】自動車評価学会 エレメント買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ